company logo
page_top

行動規範・行動指針

I. 顧客

『お客様に対して』

1.

わたしたちは、すべてのお客様に対して公平な取引をするとともに、お客様の立場に立って行動いたします。

2.

わたしたちは、お客様の誤解を招かないよう、有益な真の情報を誠実に提供します。

3.

わたしたちは、お客様の安心・満足・信頼を旨とし、優れた技術に基づいた高品質の通信工事・保守サービスを提供します。

『取引先に対して』

1.

わたしたちは、不合理な商習慣には従わず、すべての取引先に対しても対等・公正な取引関係を構築し、誠実に事業を行います。

2.

わたしたちは、公正かつ透明な取引を通じて、裁量・最適な資源を調達します。

II. 従業員

1.

わたしたちは、お互いに人格・価値観を尊重し、健全な職場環境を追求します。

2.

わたしたちは、社会人としての自覚を持って行動するとともに、企業人として仕事のプロを目指します。

3.

わたしたちは、有形・無形を問わず、会社財産を適宜・適正に取り扱います。

III. 社会

1.

わたしたちは、他人の権利・財産を不当に利用・侵害せず、これを最大限尊重します。

2.

わたしたちは、社会から疑惑や不信を招くことがないように、透明度の高い健全かつ正常な関係を維持・確率します。

3.

わたしたちは、環境保全が事業存立の生命線であることを強く認識して、環境問題に真摯に取り組むと同時に事業活動に対する社会からの理解を得るよう努めます。

4.

わたしたちは、社会の発展なしには企業の発展はあり得ないことを強く認識し、社会との交流を通じて共に発展することを目指します。

1.お客様への誠実な対応

お客様の「声」に誠実に耳を傾ける姿勢を持ち、これを今後の業務運営に活用します。

2.品質安全基準の遵守

お客様にとって最適なサービスと卓越した品質管理体制をもって、お客様に提供します。

3.公正な市場取引

公正な市場競争を通じて、私たちが扱っているサービスなどを適正な条件で提供することが、最大の顧客サービスであることを認識するとともに、独占禁止法の趣旨を遵守した活動を行います。

4.節度ある接待・贈答-受けるとき

節度を越えた接待・贈答は受けません。

5.節度ある接待・贈答-送るとき

節度を越えた接待・贈答は行いません。

6.反社会的勢力との関係遮断およびトラブル対応

市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体とは断固として対決するものとし、一切の関係を遮断します。また、これらの活動を助長するような行為は行いません。トラブル等が発生した場合は、企業をあげて立ち向かいます。

7.適切な文書・情報管理

文書・情報管理の重要性を認識し、適切な管理に努めます。

8.会社財産の保護

会社財産は、企業価値を生み出す源泉であることを認識し、これを大切に取扱い、害するような行為を行いません。

9.守秘義務

守秘すべき情報などは厳重に管理し、正当な理由なく決して他に漏らしません。

10.知的財産権の保護・尊重

知的財産権は事業活動の生命線であることを理解し、自らの権利の保護に努めるとともに、他者の権利の侵害に当たらないよう細心の注意を払います。

11.競合する取引・業務の制限

会社の業務と直接的または間接的に利害関係を有する業務を、承認なしに行いません。

12.適切な権限に基づく責任ある業務遂行

法令・社内規則に基づき、責任をもって効率的な業務遂行に努めます。

13.公正かつ透明な意思決定

意思決定に当たっては、決済基準・その他社内規則・法令に則り、かつ適切な資料に基づいてこれを行います。

14.適正な会計処理・内部牽制

法令・社内規則に基づき適正な会計処理を行い、有効な内部牽制の構築に努めます。

15.与信管理・債権管理の徹底

事業活動の成果を不必要に減じることのないよう、取引先等の与信管理・債権管理を徹底します。

16.公私の峻別

会社の立場と私的な個人としての立場を明確にし、職場内に私的な利害関係を持ち込んだり、職場外に会社の立場を持ち込みません。

17.健全かつ安全な職場の維持

私たちは、健全かつ安全な職場環境に関わる社内規則を遵守するとともに、風通しの良い職場を作ります。

18.人権尊重

私たちは、性別・年齢・出身地・国籍・人種・みんぞく・信条・宗教・疾病・障害などによる差別をせず、人権を尊重し嫌がらせのない職場の維持に努めます。

19.プライバシー保護個人のプライバシーを最大限に尊重し、不当に侵害しません。

20.セクシュアル・ハラスメント及びパワーハラスメントの禁止健全な職場環境を実現するため、いかなる形でもセクシュアル・ハラスメント(性的嫌がらパワーハラスメント(職権を背景とした嫌がらせ)を行いません。

21.環境に配慮した事業活動意思決定に当たっては、決済基準・その他社内規則・法令に則り、かつ適正な資料に基づいてこれを行います。

22.環境問題と個人の活動

私たちは個人しても「環境問題」を真摯に受け止め、積極的に取り組みます。

23.社会貢献

イ)会社は良き企業市民として、より良き社会の実現に努めます。

ロ)私たち一人ひとりは、自ら社会貢献について考え社会貢献に努めます。